環境マネジメント

環境に関する方針

環境マネジメント体制

環境経営を推進するために、全社を統括する「環境委員会」と事業所・工場に「事業所環境委員会」を設けています。「環境委員会」は全社での環境経営の強化を図ることを目的とし、年2回開催され、環境目標の達成状況や環境法令の遵守状況を確認し、環境に関する全社的な方向性や目標・計画などを審議し決定して、CSR委員会に報告しています。また、ここでの決定事項をもとに「事業所環境委員会」において具体的な取組みを協議し、周辺地域に根差した環境改善活動へと展開しています。
環境経営を効果的に推進するために、2001年から国際規格であるISO14001の環境マネジメントシステムを導入し、2006 年には全ての事業所・工場で認証を取得しています。

環境マネジメント体制図

環境教育の実施

全ての従業員が会社や家庭におけるあらゆる場面で、環境問題をより身近に捉えることができるよう、セミナーやグループ報などを通じて環境教育や啓発活動を継続的に行っています。2020年度は新入社員を対象とした環境教育、従業員を対象としたISO14001内部監査員養成講座を開催しました。新任工場長研修などの階層別教育にも環境教育を組み込み、立場に応じて必要とされる力量を高めています。

  • 新入社員への環境教育
    新入社員への環境教育
  • 本社主催の教育実績(2020年度)

環境法令の遵守状況など

環境法令の遵守状況

大気汚染防止や水質汚濁防止などの環境法令を遵守し、環境リスクを最小化するため、年2回、環境関連法の遵守状況の自己チェックを行っています。自己チェックにより潜在的な環境リスクを洗い出し、異常 を早期発見することで法令違反の未然防止に努めています。これらのリスク管理活動により、2020年度も環境関連の法令違反はありませんでした。

環境事故対策

日常点検などを通じさまざまなリスクを未然に防ぐ対策を講じるとともに、油や薬品の漏えいなどの環境事故発生を想定した緊急事態対応訓練を各事業所・工場で年1回以上実施しています。訓練実施後は手順などに問題がないかを検証し、改善につなげています。

環境に関する苦情件数

2020年度は騒音・振動などに対する苦情が計11件寄せられました。いずれの苦情も原因を特定し、設備的な対策や運用の見直しなどを行いました。苦情をお寄せいただいた方には原因と対策方法を説明し、ご理解を得るように対応しています。
今後も騒音・振動などでご迷惑がかからないよう未然に防止すると同時に、近隣の方々との密接なコミュニケーションに努めていきます。

環境に関する苦情件数(2020年度)大気0件、水質0件、廃棄物0件、騒音・振動6件、臭気1件、その他6件、合計13件