レンゴーの歴史

ホーム > レンゴーの歴史
レンゴーの歴史イメージ
  • 「段ボール」の名付け親

    レンゴーの歴史は、そのままわが国の段ボールの発展史といえるものです。1909年(明治42年)、創業者・井上貞治郎はレンゴーの前身である三盛舎(後に三成社)を設立し、日本で初めて段ボールの事業化に着手。苦労を重ねやっとの思いで完成させた製品に、段のついたボール紙で語呂も良く覚えやすいとして「段ボール」と井上が命名したのがそのはじまりです。

    社章の由来

    社章
    レンゴーの社章は、1909年(明治42年)
    創業者井上貞治郎が三成社として会社を興したとき、
    「三」と「成」の文字を図案化し制定されたものです。
    その後、聯合紙器株式会社設立の際も、
    段ボールの段の聯(つら)ね合わせと「合」の字をもイメージさせる
    この社章が新社名にふさわしいとして継承されました。
    社章は、レンゴーの歴史とアイデンティティーを象徴しています。