クリエイティブ&研究開発

研究開発

最先端の研究開発力が
パッケージの進化を支えています。

研究開発

これまでにない機能・素材・製造技術で、
パッケージの未来を変えていく。

  • 日本で初めて段ボールを事業化し、パイオニアとしてリードしてきたレンゴーは、パッケージの可能性を広げる革新的な機能や素材、製造技術を数多く開発し続けてきました。段ボール原紙の軽量化を実現する製紙生産技術や、耐水・防湿・防炎・低摩擦などの機能性段ボール、生産効率を高める接着剤の開発など、最先端の研究開発力で進化し続けるパッケージを支えています。

    • 低摩擦段ボール コスレン
      低摩擦段ボール
      コスレン
    • 防炎段ボール RAFEP(ラフェップ)
      防炎段ボール
      RAFEP(ラフェップ)
  • X線CT装置
    X線CT装置
  • 写真2

パッケージのみならず、
暮らしを快適にする機能性素材を多彩に開発。

  • レンゴーの研究開発から生まれた素材や製品は、パッケージ以外の分野でも広く活躍しています。抗菌キッチンクロスなどに使用されている高機能繊維「セルガイア」などはその一例。レアアースを一切使用しない蛍光体「ガイアフォトン」は、照明器具や化粧品、偽造防止技術などへの活用が期待されています。また、さまざまな産業界から注目される「セルロースナノファイバー」の実用化に向けた研究も進めています。

    • 高機能繊維セルガイア
      高機能繊維
      セルガイア
    • 蛍光体>ガイアフォトン®
      蛍光体
      ガイアフォトン
    • セルロース繊維セルロースナノファイバー
      セルロース繊維
      セルロースナノファイバー

設計や製造現場と連携した研究開発で、
パッケージにイノベーションを。

  • ハイレベルなニーズに応え課題を解決するためには、新しい機能を開発するだけでなく、設計、製造、デザインなど、さまざまな角度からクオリティを高めることが大切です。レンゴーでは各部署と課題を共有し連携しながら研究開発を進めることで、イノベーションをもたらすパッケージング・ソリューションを数多く生み出しています。
    • 環境負荷の低い飲料ラベル
      環境負荷の低い飲料ラベル
      水性フレキソ印刷技術やバイオマス由来のインキ、フィルムの使用など、新しい技術や素材を取り入れた製造技術を開発しました。
    • プレプリント・デジタル印刷
      プレプリント・デジタル印刷
      優れた美粧性と、1枚ずつ内容を変更できる可変印刷を実現しました。
  • 波長分散型蛍光X線分析装置
    波長分散型蛍光X線分析装置
  • ガスクロマトグラフ
    ガスクロマトグラフ

安全・安心の追求も、
リーディングカンパニーとしての責任です。

食品や飲料のパッケージも数多く手がけているレンゴーでは、原料や製品の材質、構成、品質、臭気、環境に与える影響などに関する化学分析を実施。安全・安心の追求は、リーディングカンパニーの責任であると考え、分析技術の向上にも取り組んでいます。

  • デジタルマイクロスコープ
    デジタルマイクロスコープ
  • ガスクロマトグラフ
  • 中央研究所 〒553‐0007 大阪市福島区大開3‐5‐5
    TEL. 06-6465‐5067 FAX. 06-6465‐0220

    中央研究所(福井) 〒919‐0604 福井県あわら市自由ヶ丘1‐8‐10
    TEL. 0776-73‐7032 FAX. 0776-73‐7041
  • 中央研究所