ニュースリリース / 2015年

ホーム > トピックス / 2015年
  • 2015年4月17日

    レンゴーは『HIBINO CUP(ヒビノカップ)』を応援しています

    アーティスト日比野克彦さんが主宰する、アートとスポーツを融合させたワークショップ『HIBINO CUP』。大のサッカーファンで知られる日比野さん。そして、日比野さんといえば段ボール。その二つが結びついたいかにも楽しげなワークショップです。2005年に始まったHIBINO CUPを、レンゴーは段ボールの提供を通じてずっと応援していますが、このたび、兵庫県姫路市の瀬戸内海に浮かぶ島「家島」で行われたHIBINO CUPの、とても楽しい報告書が届きましたので、ご紹介させていただきます。

     

     

    「HIBINO CUP in 家島」 報告書


     

    日時

    平成27年3月7日(土)

    時間 午前10時~午後16時00分
    会場 姫路市立家島小学校 体育館 (兵庫県姫路市家島町真浦2141)
    チーム数

    16チーム

    参加・見学者 合計120名

     

    1【出航】9:20 姫路港より会場直通船が出港

    姫路市にある家島での開催、参加者と日比野さんの乗る直通船が用意されました。日比野さんと共に、一般参加者や「明後日朝顔 姫路」に取り組んだ姫路市立四郷小学校の子どもたちが乗り込みました。「ようこそ!HIBINO CUPへ」の旗は姫路市立家島小学校の子どもたちが作ったものです。いざ!会場の家島小学校へ、9時20分に姫路港を出航し、9時50分に会場近くの桟橋に到着しました。
    写真

     

    2 【スタッフミーティング】10:00

    会場についた日比野さんは、すぐに地元の兵庫県立家島高等学校の高校生スタッフとのミーティングをされて、一日の流れを説明されました。
    • 写真
    • 写真

     

    3 【開会・制作開始】10:15~12:30

    日比野さんから参加者にヒビノカップの説明がされました。「今回のヒビノカップのテーマは、家島は海に囲まれているので….、ゴールが『船』!それから、ボールは『さかな』にしよう!船にさかなが飛び込んでいくようなゲームになりま~す!」
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    材料は、レンゴー株式会社が提供してくださった段ボールとクラフトテープ他、カラーテープ、油性マジック、ポスターカラーです。こんなに大きな段ボールと格闘するのは、ほとんどの人にとって初めてのこと!ましてや小学生にとって、この段ボールを立体にするのは一苦労。
    日比野さんがさりげなく、ホワイトボードにヒントを描いてくれていました。後から聞くとそれを参考にした子たちもおり、だんだんコツをつかんで個性豊かな立体の船が現れ始めました。大人の参加者も高校生も子どもたちも夢中で作っていました。
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    参加者が、制作に夢中になっている間に、高校生スタッフが日比野さんの指示のもと、対戦表とヒビノカップの看板を作りました。
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    完成したゴール「船」の数々、そして、「さかな」のボール。「たこ」なんかもありました。
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    ユニフォームも作りました!
    • 写真
    • 写真
    完成した「船」が置かれた体育館は、まるで海原のようです。
    全16隻の船が悠遊と航海していました。

     

    4【キックオフ】13:15

    大人も高校生も子どもたちも激しい試合を繰り広げました。さかなボールはなかなか思った方向に飛びません。ここでも家島高校スタッフが審判に記録に大活躍でした。
    写真
    写真
    写真
    写真
    準決勝はPKで決まりました。

     

    5【表彰式】15:00

    • 写真
    • 賞状は、日比野さんが、段ボールを使って手作りしてくださいました。子どもたちがワクワクしながら見ています。
    まず、準優勝は、四郷小のサッカーキッズたちの「しごうサッカー少年団」チーム。デザイン賞は、家島小学校の子どもたちの「マリーンサファイヤ」チームでした。
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    • 写真
    そして、優勝は、一般参加の「しろにしロケッツ」チームです!強かった~!実は、ヒビノカップ経験者?という話も…。
    賞品は、姫路が誇る100%日本製の手作りバケツ「オバケツ」メーカーの渡辺金属工業株式会社が提供してくださった足湯バケツ他、個性豊かなライナップ。子どもたちへの参加賞として、一般社団法人姫路サッカー協会キッズ委員会からサッカーノートをプレゼントしていただきました。

     

    5【片づけ・リサイクルタイム】15:30

    最後は、参加者みんなで、段ボールのリサイクルと片づけをしました。みなさん、精力的に動いてくださったので、どんどんと片付いていきました。その後、子どもたちや日比野さんのファンの参加者がサインを求めて長蛇の列、サインをもらってとても満足そうでした。
    16:00、姫路港に帰る直通船を見送りました。姫路市家島で初めてヒビノカップが開催された記念すべき熱い一日が盛況で幕を閉じました。
    主催

    HIBINO CUP in 家島実行委員会、株式会社ヒビノスペシャル

    後援 公益財団法人日本サッカー協会、兵庫県中播磨県民センター、
    兵庫県教育委員会播磨西教育事務所、姫路市、姫路市教育委員会、
    協賛 レンゴー株式会社、家島観光産業株式会社、渡辺金属工業株式会社
    協力

    姫路市立家島小学校、家島B&G海洋センター、家島FC、兵庫県立家島高等学校、
    姫路市立家島中学校、兵庫県立いえしま自然体験センター、
    一般社団法人姫路サッカー協会キッズ委員会、スポーツプラネット姫路、
    meji=現代美術とワークショップ研究ユニット、明後日朝顔プロジェクト姫路、
    姫路市立美術館

    ( レポート:HIBINO CUP in 家島実行委員会 平野さん・上田さん )