GPI レンゴー / 包装技術サポート

ホームGPI レンゴーGPI3つのサポート体制(R&D) > 包装技術サポート

包装士の営業マンと「包装技術部」が連携し、
パッケージに関わる技術的な課題に対応します。

包装技術センター

お客様の商品を安全に消費者へお届けするためには、商品の特性や輸送・保管などの物流条件を考慮して、包装の形態・寸法・材料を選択することが必要です。レンゴーは、包装士の資格を持つ営業マンと包装技術センターを中心に全国に配置された包装技術員との緊密な連携により、パッケージに関わる技術的な課題にきめ細かく対応。安全包装はもちろん、リサイクルのしやすさ、使いやすさ、輸送効率、コストパフォーマンスも考慮した最適な包装設計を提案するとともに、材料試験や包装貨物試験なども行っています。また、新しい包装技術の開発や包装・物流に関するタイムリーな情報の提供も行っています。


東京包装技術センター
包装技術センター


サポートメニュー
輸送包装の設計及び改善提案
●CAD・CAMによる設計・試作
●パレットパターンなどの物流シミュレーション
材料試験包装貨物試験
●板紙・段ボール・段ボール箱の材料試験と評価
●貨物包装試験(圧縮・落下・振動など)
包装に関する技術開発
●形態・技法・システムなど
包装技術情報の提供


包装設計のポイント
●包装設計のポイント

内容品や箱の形状にあわせて適切な寸法を設定する「寸法設計」、物流条件を考慮して適切な材質を設定する「強度設計」、設計した包装に問題がないかを確認する「包装試験」を組み合わせて、ニーズに合致する最適な仕様を提案しています。


包装の安全性や機能性を検証する各種設備
●包装の安全性や機能性を
 検証する各種設備

包装技術センターでは、物流過程の温度・湿度を再現する「環境試験室」、「電動型振動試験装置」などの設備で、包装の安全性や機能性を科学的に分析しています。


段ボール製緩衝材の提案
●段ボール製緩衝材の提案

長年培ってきた段ボール設計のノウハウを活かし、発泡スチロールに代わる段ボール製緩衝材を提案しています

 

 

所在地

包装技術部(東京) >>map
〒332‐0004 埼玉県川口市領家5‐14‐8
TEL.048-225‐7600 FAX.048-225‐7649

 

包装技術部(大阪) >>map
〒553‐0007 大阪市福島区大開4-1-186
TEL.06-6465‐5068 FAX.06-6465‐0220