GPI レンゴー / 沿革

沿革

   
明治42年8月 井上貞治郎が三盛舎(のちに三成社)の名称で日本で初めて段ボール事業を創始
[同年4月12日井上貞治郎が独立自営を決意した日を以って創立記念日とす]
大正9年5月 聯合紙器(株)を資本金200万円で東京で設立
大正15年1月 本店を東京から大阪に移転
昭和5年12月 淀川工場加工工場(のちの大阪工場)を開設
昭和11年4月

淀川工場製紙工場を開設、原紙から段ボールまでを一貫生産する淀川工場が発足

昭和12年3月 東京工場を開設
昭和13年2月 本店を現在の大阪市福島区に移転
昭和23年12月 名古屋工場を開設
昭和24年5月 大阪証券取引所第1部に上場
昭和25年4月 東京証券取引所第1部に上場
昭和32年3月 本社研究所を開設(昭和43年12月 中央研究所に改称)
昭和36年10月

利根川製紙工場を開設(平成9年7月 利根川事業所に改称)

昭和37年4月 鳥栖工場を開設
昭和45年4月

聯合運送(株)他2社の子会社3社が合併し、(株)レンゴーサービスに社名変更
(平成16年4月 レンゴーロジスティクス(株)に社名変更)

昭和46年9月 湘南工場を開設
昭和47年1月 社名を「聯合紙器株式会社」から「レンゴー株式会社」に変更
昭和50年9月 新京都工場を開設(平成20年4月 新京都事業所に改称)
昭和55年5月 小山工場を開設
昭和60年9月 千葉工場を開設
平成2年8月

マレーシアにて段ボール合弁事業に資本参加し、海外事業に進出

平成2年9月 包装技術センターを開設
平成3年10月 福井化学工業(株)を合併(現在の金津工場、武生工場)
平成5年4月 三田工場を開設(大阪工場を移転)
平成6年4月 新潟段ボール(株)ならびに旭川レンゴー(株)を合併
(現在の新潟工場、旭川工場)
平成10年6月 朋和産業(株)の株式を取得し完全子会社化、軟包装事業に進出
平成11年4月

セッツ(株)を合併(現在の八潮工場、尼崎工場)、
段ボール部門はセッツカートン(株)として分社化

平成12年7月 丸三製紙(株)の株式を取得し、子会社化
平成14年6月 取締役の任期を1年に変更
平成17年8月 本社事務所を現在の大阪市北区中之島に移転
平成19年4月 執行役員制度を導入
平成19年6月 役員退職慰労金制度を廃止
平成19年10月 川崎工場をリニューアル後の葛飾工場に統合
平成20年4月

新京都事業所のリニューアル工事が完成し、
当社初の段ボール・紙器一体型工場が発足

平成21年4月 創業100周年
平成21年5月

日本マタイ(株)の株式を取得し子会社化、重包装事業に進出
(平成21年12月 完全子会社化)

平成22年5月

太陽光発電システムなど環境技術のノウハウを集結した福島矢吹工場を開設

平成23年3月

東日本大震災により仙台工場が壊滅的被害、宮城県黒川郡大和町に新工場建設を決定

平成23年4月 コーポレート・ステートメントを
「ゼネラル・パッケージング・インダストリー(GPI)」に変更
平成23年4月 米国ハワイ州にレンゴー・パッケージング社を設立
(平成26年5月 同州唯一となる段ボール工場を開設)
平成23年5月 山陽自動車運送(株)を子会社化
平成23年8月 鴻興印刷集団有限公司(香港・中国)に資本参加
平成24年4月

大震災からの復興再生の象徴 新仙台工場が正式開業

平成25年1月 経営理念を改定
平成25年3月 (株)石川製作所に資本参加
平成25年7月 マルソルホールディングス(株)を子会社化
(平成26年4月 同社グループ3社が合併し、森下(株)に社名変更。
平成27年4月 日本マタイ(株)を存続会社とし、同社を合併。)
平成26年1月 名古屋工場を移転し、国内最大級のラック式免震自動倉庫を持つ新名古屋工場を開設
平成27年3月 丸三製紙(株)の段ボール原紙(ライナ)生産設備竣工
平成27年10月

サン・トックス(株)に資本参加

平成28年3月

大阪製紙(株)洋紙事業より撤退

平成28年10月

トライウォール・ホールディングス社を子会社化

平成29年3月

東京本社事務所を現在の東京都港区港南に移転