IR 情報 / 情報開示基本方針

ホーム IR 情報 > 情報開示基本方針

情報開示基本方針

当社は、経営理念に基づき、以下の方針により情報を開示します。

 

情報開示の基準
当社は、諸法令や証券取引所規則等に従い、当社グループに関する情報の迅速かつ公正・公平な開示を行います。また、この範囲にとどまらず、当社グループへの理解を深めるために有用と当社が考える情報も、積極的に開示するよう努めます。

情報開示の方法
諸法令や証券取引所規則等に定めのある情報については、証券取引所の適時開示情報システム(TDnet)やプレスリリース、当社ホームページ等にて開示します。また、それ以外の情報についても、当社ホームページへの掲載等、適切な方法により開示するよう努めます。

沈黙期間
決算情報の漏洩防止と公平性確保のため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関するお問い合わせへの対応は控えることとします。ただし、業績予想を大きく修正する見込みが発生した場合には、証券取引所規則等に従い、適宜開示します。


将来の予想について
開示情報における将来の予想は、開示時点で入手可能な情報や一定の前提に基づくものであり、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績等は、予想と大きく異なる可能性があることをご承知おきください。

市場での風説等への対応
市場での風説や、憶測による報道記事等については、原則としてコメントを行いません。ただし、これを放置することが当社に重大な影響を及ぼす可能性があると判断した場合は、適切に対応します。

 


本ウェブサイトの情報は、当社グループへのご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。ご利用にあたっては、別途掲載している「サイトのご利用条件」をあわせてご参照ください。

2017年6月1日制定