GPI レンゴー / トップメッセージ

ホームGPI レンゴー > トップメッセージ

ゼネラル・パッケージング・インダストリー = GPIレンゴー

代表取締役会長兼社長 大坪 清 代表取締役会長兼社長 大坪 清

 レンゴーグループは、1909年(明治42年)、わが国で初めて「段ボール」を世に送り出して以来、お客様の「包む」「装う」に対するニーズにお応えするとともに、「物の流れ」を最適化することを通じて社会に貢献してまいりました。

 
 包装に対するニーズは、ライフスタイルの変化や環境意識の高まりとともに、近年ますます多様化・高度化していますが、レンゴーグループは、豊富な製品アイテムときめ細かいネットワーク、そして長年のパッケージング・テクノロジーの蓄積をベースとして、それぞれのお客様にとって最も効率的な「最適包装」を考え続けてまいりました。

 
 板紙から段ボールまでの強固な一貫生産体制に加え、印刷紙器や軟包装などの消費者包装分野、さらに幅広い産業を支える重包装、そして海外へも広がる私たちの事業領域は、互いに大きな相乗効果を発揮し多様なパッケージング・ソリューションを生み出しています。「6つのコア事業」

 
 リサイクルの優等生といわれる段ボールは、古紙を主原料とする循環型で再生可能な地球環境にも優しい包装材ですが、この段ボールを発祥とするレンゴーグループでは、常に「人に、環境に優しいこと」が事業活動の基本です。

 
 大気や水質汚染に対する厳重な管理体制はもちろんのこと、製造工程から製品そのものにいたるまで、地球環境への負荷低減やCO2の排出削減を常に考えながら、省エネルギーや省資源といった資源の効率的利用に積極的に取り組んでいます。「軽薄炭少」

 
 段ボールをはじめとするパッケージは、時代の変化とともに「包む」「守る」という基本機能に、「装う」「伝える」といった情報発信機能を加え、心通じあうコミュニケーションツールとして、さらに進化する可能性を秘めています。

 
 グローバル化の進展も見据えた海外事業のさらなる充実も念頭に、たゆまぬ意識改革とイノベーションを通じて、より広範な領域でパッケージングの新たな価値を創造し、あらゆる産業の全ての包装ニーズに積極的に働きかける提案型の集団「ゼネラル・パッケージング・インダストリー=GPIレンゴー」として、日本で、世界で、これからも躍動と挑戦を続けることで、持続的な経済社会の発展と人々の豊かな暮らしを支えてまいります。


大学生のためのレンゴー経営講座

「経済界」視点 大坪清