GPI レンゴー / 年表

年表

1909 第1次世界大戦
各種工業新増設
○井上貞治郎、独立自営を決意
(後にこの日、4月12日を創立記念日とする)
○東京品川に三盛舎(後に三成社)を設立し、
  わが国初の「段ボール」事業を創始
○片面段ボールを作り、「段ボール」と命名する
○三成社に改称しドイツ製巻き取り段ボール機を輸入
○「段ボール箱」を製造
1920 関東大震災
大正デモクラシー
○関連5社が合併し聯合紙器株式会社を設立(資本金200万円)
○日本製紙㈱を買収し千船工場とする
○震災で本社・東京工場などを焼失し本社を大阪へ移転
○応用製品「稚蚕飼育凾」「衣装凾」などを発売
1930 昭和恐慌
日本の輸出拡大
2・26事件
第2次世界大戦
○原紙から段ボールまでを一貫生産する淀川工場を完成
○家電・缶詰・麦酒・陶器・衣類など需要分野拡張
○朝鮮・台湾・中国に工場・子会社を設立
○東京電気(株)(現・(株)東芝)と資本提携
1940 太平洋戦争
新憲法発布
東西の冷戦化
戦時経済統制の下で
軍需生産
○国内6工場を空襲で焼失、在外地資産は喪失
○民需生産を再開、冷凍鯨肉・缶詰用の需要開拓
○株式上場(資本金1,000万円)
1950 サンフランシスコ
講和条約
「もはや戦後ではない」
家庭電器ブーム
○ミカン・リンゴ・冷凍魚の段ボール包装化進む
○コルゲータ・印刷機の新機種を開発
○生産設備を近代化し需要増加にこたえる
○本社研究所(後の中央研究所)を開設
○創業者井上貞治郎の自叙伝がTVドラマや
  映画になり「流転」ブーム
1960 貿易自由化
東京オリンピック
GNP世界2位
○利根川製紙工場建設、段ボール工場も新設相次ぐ
○創業者井上貞治郎逝去(1963年11月10日)
○アメリカから技術導入、段ボール箱の機能が多様化
○「グラビアン」など原紙に事前印刷したプレプリントの
  段ボール箱を開発
○生産設備の技術革新が進展
1970 日本万国博
日本列島改造論
第1次石油危機
第2次石油危機
○聯合紙器株式会社からレンゴー株式会社に社名変更
○5色印刷の美粧ケース「コルフレックス」を開発
○コルゲータ連続運転装置を開発
○ノーフィンガー・シングルフェーサを開発実用化
○製紙・段ボールの自社開発技術を世界各国へ輸出
1980 円高不況
大型長期好況
東西冷戦終結・
ベルリンの壁崩壊
地価株価高騰
○不織布など周辺分野を拡張
○シンガポールに海外進出の拠点開設
○マレーシア・シンガポール・タイで段ボールの合弁会社設立
1990 バブル景気終わる
複合不況
阪神淡路大震災
ユーロ誕生
失われた10年・
ゼロ金利政策
○包装技術センターを開設
○系列の福井化学工業(株)を合併
○コンピュータによる統合生産管理システム完成
○中国・インドネシア・フィリピンにも製紙・
  段ボールの合弁会社設立
○朋和産業(株)を系列化し軟包装事業へ進出
○セッツ(株)と合併、製紙・段ボールの一貫生産体制を強化
2000 「聖域なき構造改革」
米国で同時多発
テロ発生
スマトラ沖大津波
北京オリンピック
原油・資源価格の高騰
リーマン・ショック

○製紙部門抄紙設備の統廃合と更新改善
○丸三製紙(株)を系列化

○段ボール部門地域事業部制の導入とグループ会社の統廃合
○バイオマス焼却発電設備等省エネルギー設備強化

○製紙・段ボール全工場で環境ISO14001認証取得

○葛飾工場と川崎工場を統合、
  紙器部門の東日本における生産拠点に
○京都工場に太陽光発電設備を導入
○京都工場と桂工場を統合し段ボール・紙器一体型の
  新京都事業所が発足
○創業100周年(2009年4月12日)

○日本マタイ(株)を系列化

2010

上海万国博覧会
東日本大震災
アベノミクス

 

○ベトナムにて合弁による製紙新工場が本格稼働
○昼間の使用電力を全て太陽光発電で賄う福島矢吹工場が完成
○東日本大震災で壊滅的被害を受けた仙台工場を1年で
 新仙台工場として再建
○段ボールの新規格「デルタフルート」を開発 
○国内最大級のラック式免震自動倉庫を持つ新名古屋工場が完成
○レンゴー・パッケージング社が米国ハワイ州に新工場を開設
○丸三製紙(株)の段ボール原紙製造設備(8号抄紙機)が竣工
○トライウォール・ホールディングス社を系列化