トピックス / 2017年

ホーム > トピックス / 2017年
2017年5月23日

ベトナム・ビナクラフトペーパー社2号抄紙機の
オープニングセレモニーを執り行いました

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、会長兼社長:大坪 清)のベトナムにおける合弁企業であるビナクラフトペーパー社(本社:ベトナム・ビンズオン省、社長:Sangchai Wiriyaumpaiwong)は、段ボール原紙生産設備(2号抄紙機)を増設し、昨年11月より稼働開始いたしましたが、今般、あらためてオープニングセレモニーを執り行いました。
セレモニーでは、工場が位置するビンズオン省人民委員会委員長、駐ベトナムタイ王国大使、ならびに、合弁パートナーであるサイアム・セメント・グループ(以下、SCG社)のトップをはじめ、大勢の来賓の方々を迎え、新設備の完成を祝しました。大坪会長兼社長はスピーチで、1990年から始まったSCG社とのパートナーシップや、ビナクラフトの操業に至る歴史に触れるとともに、これからもビナクラフトペーパー社がベトナム経済の成長を支え、同国の発展と共に成長していくことへの期待を述べました。
当社グループは「ゼネラル・パッケージング・インダストリー」=GPIレンゴーを掲げ、海外事業を大きな柱の一つとしてグローバルに事業を展開しています。ベトナムでは製紙に加え、段ボールから軟包装、重包装に至るまで、幅広い事業を展開しており、今後とも、高品質かつ信頼される製品の供給を通じて、ベトナム経済の発展をしっかりと支えてまいります。


ビナクラフトペーパー社の概要

社名

ビナクラフトペーパー社(Vina Kraft Paper Co., Ltd.)

本社所在地 ベトナム・ビンズオン省 ミーフック工業団地内
(ホーチミン市より北西45km、敷地面積は38.3万㎡)
代表者 社長 Sangchai Wiriyaumpaiwong
資本金

190百万米ドル

出資企業 Siam Kraft Industry Co., Ltd. 70%
レンゴー株式会社 30%
生産品目 段ボール原紙(ライナおよび中しん)
生産量    年産約50万t(1号機+2号機)
その他特徴 環境保全を最優先に、最先端のコジェネレーションシステムや原料処理ライン、
排水処理ラインを導入

2号抄紙機の概要

生産品目 段ボール原紙(中しん)
生産能力 年産約22万t
投資額 130百万米ドル

セレモニーであいさつする大坪会長兼社長

●セレモニーであいさつする大坪会長兼社長

 

来賓の方々と共に 

●来賓の方々と共に 


●ビナクラフトペーパー社 

 

●2号抄紙機