トピックス / 2009年

ホーム > トピックス / 2009年
2009/6/17

段ボールで城を建てる?! 映画「築城せよ!」が公開されます

映画「築城せよ!」リーフレット西暦2009年、戦国武将が現代によみがえり、段ボールで城を建てるという、破天荒でユニークなストーリーの映画「築城せよ!」(古波津陽監督)が、来る6月20日より公開されます。
映画では、高さ25メートルにも及ぶ段ボール城を、CGやミニチュアではなく実物大の巨大セットで建立しています。使用した段ボール箱は1万2000個。築城に際しては、愛知工業大学建築学科の学生達がボランティアとして参加するとともに、エキストラとしても数多くの現役大学生や地元の方たちが出演しています。
レンゴーは、映画の中で使用されている段ボールの提供や、技術面のアドバイスなどで当作品をサポートしています。

何の取り得もない冴えない町に、突然現れた戦国武将の「築城せよ!」の掛け声に、町は賛成派反対派に分かれて戦国さながらの大騒ぎ。しかし城造りを通して、いつしか町民同士の心がひとつにまとまって…。

バラバラになった現代人が忘れかけていた、心をひとつにする大切さ、温かさ、歓びを思い出させてくれるヒューマン・コメディーとなっていますので、是非一度劇場へ足を運ばれてはいかかでしょうか。

 

ストーリー

2009年、過疎化がすすむ町・猿投(さなげ)に突如として現れた3人の戦国武将。彼らは400年前、自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。殿様の「築城せよ!」という号令の下、町おこしを願う住民たちを巻き込んで、段ボールで城を建てるという壮大かつ無謀なプロジェクトが立ち上がる。残された時間はたったの3日。果たして、城は完成するのか。それとも、ひとたまりもなく壊れてしまうのか。そして築城に秘められた真意とは。
400年前の無念を晴らそうと現代に甦った戦国武将役に歌舞伎俳優・片岡愛之助。相手役には松竹スターゲートで1万人の中からグランプリを射止め、NHK「陽炎の辻3」への出演も決まっている大型新人・海老瀬はな。敵役として戦国武将と対立する町長に映画・演劇界の重鎮・江守徹ほか、阿藤快、藤田朋子、ふせえりら実力派俳優が脇を固める痛快築城エンターテインメント。
乞うご期待!

 

映画「築城せよ!」段ボール城

 

出演

片岡愛之助 海老瀬はな 江守徹 阿藤快 藤田朋子 
津村鷹志 木津誠之 ふせえり

スタッフ

監督・脚本:古波津陽 
脚本:浜頭仁史 
撮影:辻健司 
美術:磯見俊裕

上映時間 120分
配給 東京テアトル

 

>>「築城せよ!」上映館
>>「築城せよ!」オフィシャルサイト