ニュースリリース / 2016年

ホーム > ニュースリリース 2016年
2016年3月10日

尼崎工場ガスタービン発電設備完成のお知らせ

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、会長兼社長:大坪 清)は、このたび、尼崎工場(兵庫県尼崎市)にガスタービン発電設備を新設いたしましたのでお知らせします。
尼崎工場は、当社製紙部門の西日本の拠点工場として、段ボール原紙をはじめとする板紙を生産しています。今般完成した新設備は、老朽化した既存発電設備を更新し、自家発電能力の向上を目的に建設されたもので、ガスタービンと廃熱ボイラで構成され、発電と同時に廃熱を利用し、蒸気として有効活用するガスコージェネレーションシステムを採用しています。新設備の稼働により、工場で使用する電力の約8割を自家発電で賄える体制となるほか、抄紙機の稼働状況に左右されない柔軟な運転が可能となり、エネルギー消費の効率化を図ります。これにより、年間CO2排出量が約3,800トン削減される見込みです。
当社は、“Less is more.”をキーワードとして、省資源、省エネルギーを念頭に、より少ない資源で、より大きな価値を生むパッケージづくりを通じて、地球環境負荷低減に積極的に取り組んでまいります。

 

ガスタービン建屋全景

●ガスタービン建屋全景

 

ガスタービン発電設備

●ガスタービン発電設備

 

尼崎工場 ガスタービン発電設備概要

工場名

レンゴー株式会社尼崎工場(兵庫県尼崎市杭瀬南新町1-4-1)

設備名  5号ガスタービン発電設備
6号ガスタービン発電設備
メーカー ガスタービン:川崎重工業株式会社(本社:東京都港区)
定格発電出力

15,780kW(7,890kW×2基)

蒸気量 70t/h(35t/h×2基)
CO2削減 約3,800t-CO2/年





pdf>>この記事のダウンロード




adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。