ニュースリリース / 2010年

ホーム > ニュースリリース 2010年
2010/1/29

当社ベトナム合弁企業製紙工場 本格稼働のお知らせ

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区 社長:大坪 清)のベトナムにおける合弁企業である、ビナクラフトペーパー社(本社:ベトナム・ビンズオン省 社長:Chalokeporn Phalajivin)は、かねてより板紙製紙工場の建設を進めてまいりましたが、このたび本格稼働の運びとなりましたのでお知らせいたします。
ベトナム国内では食品や日用品などを中心として段ボール需要が急速に増えており、今後も年率10%程度の好調な伸びが期待されています。
当社は、段ボール加工の分野でも、タイコンテナーズ・グループを通じて、ホーチミン市所在の段ボールメーカーであるニューアジア・インダストリー社の買収を進めており、ベトナムでの製紙から段ボールまでの一貫生産体制により、伸長著しい現地の包装ニーズに応えてまいりますと同時に、ベトナムを当社の東南アジア地域における事業戦略の柱として、海外事業基盤の一層の充実強化につなげてまいります。


ビナクラフトペーパー社

 

ビナクラフトペーパー社

  ビナクラフトペーパー社

 

ビナクラフトペーパー社 概要

社名  ビナクラフトペーパー社(Vina Kraft Paper Co., Ltd.)
本社所在地 ベトナム・ビンズオン省 ミーフック工業団地内
(ホーチミン市より北西40km)
代表者  

社長 Chalokeporn Phalajivin

資本金   115百万米ドル
出資企業    Thai Kraft Paper Industry Co., Ltd. 70%

レンゴー 30%

事業内容    段ボール原紙の製造販売
従業員数    239名(2009年12月時点)
敷地面積   380,000m2
工場建屋面積

35,000m2

生産品目  段ボール原紙(ライナおよび中しん)
抄 紙 機   Voith-IHI 製、幅5250mm、分速800m
生産能力   年産22万トン


pdf当社ベトナム合弁企業製紙工場 本格稼働のお知らせ


adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。