ニュースリリース / 2017年

ホーム > ニュースリリース 2017年
2017年3月7日

第26回地球環境大賞「環境大臣賞」を受賞

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、会長兼社長:大坪 清)は、このたび、「第26回地球環境大賞」(主催:フジサンケイグループ 後援:経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、一般社団法人 日本経済団体連合会)において「環境大臣賞」の受賞が決定いたしました。
地球環境大賞は「産業の発展と地球環境との共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として1992年に創設されたもので、環境分野における最も権威ある賞のひとつといわれています。
今回の当社の受賞は、「ハード・ソフト両面におけるCO2排出削減とパッケージづくりを通じた環境や社会的課題の解決」への取組みが高く評価されたものです。
当社はこれからも、“Less is more.”をキーワードに、より少ない資源で大きな価値を生む、人にも環境にも優しいパッケージづくりを通じて、環境への取組みを強化してまいります。
なお、授賞式は2017年4月10日、東京・元赤坂の明治記念館で行われる予定です。


【受賞要旨】

ハード・ソフト両面におけるCO2排出削減とパッケージづくりを通じた
環境や社会的課題の解決


“Less is more.”をキーワードに環境や社会的課題の解決に向け、持続可能な生産や革新的なパッケージの開発を推進。日本国内最大の板紙工場である八潮工場において、埼玉県の目標設定型排出量取引制度施行を機に、CO2排出削減に取り組むチーム「低燃費八潮」を結成し、省エネ活動を実施・評価する仕組みを構築し、ソフト面からのCO2排出削減を進める一方、ハード面でも2016年1月に木質チップバイオマスボイラ発電設備を導入し、年間約65,000トンのCO2排出量削減を実現した。また、製紙、段ボール、紙器の全工場でFSC®森林認証を取得し、業界に先駆けFSC段ボール・紙器製品の供給体制を確立した。

 

八潮工場木質チップバイオマスボイラ発電設備


八潮工場木質チップ
バイオマスボイラ発電設備

 

FSC森林認証マーク


FSC森林認証マーク

  レンゴー スマート・ディスプレイ・パッケージング

流通現場の人手不足解消とローコストオペレーションを実現する「レンゴー スマート・ディスプレイ・パッケージング」

クールチョイスロゴ





pdf>>この記事のダウンロード




adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。