ニュースリリース / 2011年

ホーム > ニュースリリース 2011年
2011/9/30

世界的パッケージデザイン賞「Pentawards 2011」で銀賞を受賞

Pentawards 2011銀賞ロゴマーク レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、社長:大坪 清)は、ダイドードリンコ株式会社様(本社:大阪市北区、社長:髙松 富博)の製品「復刻堂 侍エスプレッソ【砂糖ゼロ】」において、パッケージデザインの世界的なコンペティション「Pentawards 2011」(ペントアワード)の「飲料 ティー&コーヒードリンク部門」銀賞を、同社と共同で受賞いたしました。
ペントアワードは、「パッケージデザインこそが、広告や宣伝以上に最も重要なコミュニケーションツールである」ことを広く認識してもらうことを目標に、世界で最も厳しく公平なパッケージデザインのコンペティションといわれ、今年は去る9月29日、米国ニューヨークのタイムズスクエアにおいて授賞式が執り行われました。
今回受賞対象となった「復刻堂 侍エスプレッソ【砂糖ゼロ】」は、ダイドードリンコ社様の主力ブランド「復刻堂」シリーズのひとつとして、飲料自体のクオリティの高さを「侍 SAMURAI」をモチーフにパッケージデザインとして表現した製品ですが、単なるパッケージデザインの枠を超え、「侍 SAMURAI」の持つイメージを活かしつつ、「戦国武将」と「幕末志士」にフォーカスし、「甲冑」と「侍装束」をパッケージにデザインすることで、芸術品・アートとしての荘厳さ・重厚感をも感じさせる当製品のデザインコンセプトが高く評価されたものです。
当社は、ダイドードリンコ社様の開発コンセプトに基づき、「デザイン・マーケティング・センター」を中心に、デザインやパッケージの総合的な協業を通じて、当製品の開発に深く関わってまいりました。
当受賞を励みとして、これからも、たゆみないイノベーションを通じて、あらゆる産業の全ての包装ニーズに積極的に働きかける提案型の集団、「ゼネラル・パッケージング・インダストリー」=GPIレンゴーとして、ハード、ソフト両面から、パッケージングの新たな価値を創造し続けてまいります。



受賞作品「復刻堂 侍エスプレッソ【砂糖ゼロ】」

 受賞作品「復刻堂 侍エスプレッソ【砂糖ゼロ】」

 

授賞式風景と賞状
photo / Brent Taylor

 

ペントアワード公式ホームページ http://www.pentawards.org/ 


[pentawardsに関する問い合わせ先]
ペントアワード日本代理人 井澤初美氏 
izawa@hi-and-p.com


pdf>>この記事のダウンロード


adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。