ニュースリリース / 2011年

ホーム > ニュースリリース 2011年
2011/1/19

ベトナムでの段ボールメーカーの買収について

当社が30%を出資するタイコンテナーズ・グループ社(以下TCG)(タイ)は、1月18日、ベトナムの段ボールメーカーであるアルカマックス・パッケージング社グループ3社の買収に関する契約を、現在のオーナーであるマレーシアのゴールデン・フロンティア社と締結いたしました。
買収総額は、負債の引き受け等を含め約2500万米ドル(約21億円)で、これにより、ベトナムにおける生産拠点は、段ボール原紙を生産するビナクラフトペーパー社(年産22万トン)および、段ボールは、既にグループ傘下であるニューアジア・インダストリー社に加え、アルカマックス・パッケージング社(ホーチミン)、APパッケージング社(ハノイ)を合わせた3工場体制となり、同国の南北主要需要地での生産供給体制が強化されることとなります。今回の買収では、このほか、ホーチミンの製函メーカーであるパカメックス社も対象としております。
アルカマックス・パッケージング社及びAPパッケージング社はそれぞれコルゲータ、製函ラインの一貫生産設備を有しており(月間生産能力は合計で約750万㎡)、ニューアジア・インダストリーを加えて1450万㎡の月間生産能力となります。
ベトナムの段ボール市場は、昨年度は前年比9.3%拡大し、今後も年率11%程度の伸びが予測されています。当社は、今回の買収を機に、同国内の段ボール原紙および段ボールの供給体制の整備といっそうの品質向上を図ると同時に、中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアの段ボール工場および中国・中山の製紙工場との連携をさらに強め、中国および東南アジアでの原紙から段ボールまでの一貫供給体制の強化を図ってまいります。
なお、最終的な買収完了は、3月末を見込んでおります。

 

会社概要

○アルカマックス・パッケージング社
所在地

ベトナム・ビンズオン省 ベトナムシンガポール工業団地内
(ホーチミンより北へ25km)

事業内容 段ボールシート・ケースの製造販売
○APパッケージング社
所在地 ベトナム・ハイズオン省 ナムサック地区
(ハノイより東へ70km)
事業内容 段ボールシート・ケースの製造販売

 

海外拠点マップ


pdf>>この記事のダウンロード


adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。