南極地域観測隊への支援

南極観測隊の物資を梱包する段ボールケース
その段ボールケースを通して、学術調査を応援しています

国立極地研究所の依頼を受け、南極地域観測隊に第1次(1956年)より連続して段ボールを提供し、観測隊による調査・研究を支援しています。南極での活動に欠かせない大切な資材や生活用品の輸送、貴重な収集物を保護するための包装材として、レンゴーの段ボールが活躍しています。
日本の南極観測が始まって以来、毎年、段ボールケースを提供しています。地球環境を探る上で、南極観測の重要性はますます高まっておりこれからもさまざまな研究の成果や発見が期待されています。
レンゴーは、これからも引き続き南極地域観測隊の活動を縁の下から力強く支え続けてまいります。

  • 写真
  • 写真