◎営業・管理系職種/営業

私の所属するSP営業本部では、店頭で消費者の目を引くPOP広告をはじめ、スーパーやドラッグストアの売場に設置する陳列台、ポスター、ノベルティなど、お客様の商品の販売促進を目的とするセールスプロモーションツールを幅広く取り扱っています。ツールに使う素材、デザイン、企画は実に多様で、当社が「ゼネラル・パッケージング・インダストリー」であることをあらためて実感できる部署の一つといっても過言ではないと思います。私は、トイレタリーや飲料のメーカーなど3社を担当。当社関連部署と一緒に、ツールの企画・設計・デザインの提案から、ツールの構造・価格設定、納品・納入管理、実製作まで全てに関わります。ツールそのものはもちろん、プロモーションの企画・提案など、販売戦略の方向性を決める段階から携わることもあります。

プロモーションツールの制作において、チームワークは必要不可欠です。お客様からご依頼をいただくと、まずキャンペーンテーマや予算についてのオリエンテーションで詳細を伺ったのち、お客様との窓口である私たち営業担当を中心に、デザイナーやプランナー、設計担当者とともに、コストや品質を慎重に検討しながら提案を行います。その上で心がけていることは、お客様との積極的なコミュニケーションと丁寧なヒアリングです。直接顔を合わせて、製品を見ていただきながら細かなニュアンスや認識を共有していくことはもちろん、一見仕事とは関係のないような何気ない会話も、よりよい関係構築の上では欠かせないもの。お客様のちょっとした一言から新たなアイデアが生まれることもあるので、常にアンテナを張るようにしています。苦労することもありますが、徐々に製品を形にしていく仕事には楽しさがあります。また、お客様の要望に合った提案を行い、納得していただける品質の販促ツールを完成させ、さらに店頭での評判や売上につながったという声をいただいた時は、大きなやりがいを感じます。

SP営業本部では、若手でも大手ユーザーを担当するなど、積極的に仕事を任せてくれます。もちろんプレッシャーもありますが、上司・先輩方がしっかりとフォローしてくれるので、とても恵まれた環境だと思います。レンゴーは、段ボールの分野ではトップシェアを誇る歴史ある会社ですが、「ゼネラル・パッケージング・インダストリー」としてさらに発展していくために、プロモーションツールの可能性は非常に大きいと感じています。SP営業本部では、性別や年齢を超えた新しいアイデアが常に求められており、今後、営業職として活躍する女性は増えていくことでしょう。その中で、牽引役となれるよう経験を積み、チーム、そしてお客様から信頼していただけるよう、頑張っていきたいと思います。

独り立ちして手掛けた初めての案件は、大手メーカーのボディクリームと入浴剤のプロモーションツールでした。チームで進める中、私ならではの視点も織り込みながら、数多く提案できたと思っています。レンゴーはまさに男女の分け隔てなく活躍できる会社ですが、女性としての視点も強みになると感じています。

9:00

◎出社(部内会議)

11:00

◎得意先訪問(仕様打ち合わせ、サンプル提出等)

12:00

◎昼休み

14:00

◎得意先訪問(新規案件プレゼンテーション等)

16:00

◎帰社 社内打ち合わせ

◎2014年 入社~

パッケージング部門

SP営業本部 営業第二部に配属

◎2015年 2年目~

SP営業本部の営業外勤として独り立ちし、

トイレタリー・飲料メーカーなど大手企業数社を中心に

担当する

17:00

◎内勤業務(手配関係資料作成、見積書作成等)

19:00

◎退社