環境・社会 / 環境行動計画「エコチャレンジ020」

ホーム環境・社会環境経営推進体制 > 環境行動計画「エコチャレンジ020」

環境行動計画「エコチャレンジ020」

「環境憲章の基本方針」にもとづき、具体的な目標を定めた環境行動計画「エコチャレンジ020」を策定しています。「エコチャレンジ020」では、地球温暖化対策、資源の有効利用、廃棄物の削減、環境配慮型製品の研究・開発と供給、グリーン調達と化学物質の管理という5つのテーマを行動の柱とし、事業活動のあらゆる側面から発生する環境負荷の低減に継続的に取り組んでいます。

5項目で目標達成
2017年度は、8つの目標中6項目で達成しました。

 

「エコチャレンジ020」の実績と目標


テーマ 項 目 2017年度 目標
目標 実績 評価 2018年度 2020年度
地球温暖化対策 生産部門のCO2
排出量 ※1
(1990年度比)
29%削減

28.2%削減

× 28%削減 32%削減
物流部門のCO2
排出量原単位 ※2
(2007年度比)
11%削減 9.0%削減 × 12%削減 削減推進
資源の有効利用 古紙利用率 97%以上 98.2% 97%以上 97%以上
廃棄物の削減 再資源化率 98%以上 98.0% 98%以上 98%以上
最終処分量 ※3 4,000t
以下
3,826t 4,000t
以下

4,000t

以下

グリーン調達と
化学物質の管理
VOC排出量
(2000年度比)
45%削減 53.1%削減 45%削減 化学物質の
管理の推進
PRTR対象物質
排出量・移動量
(2002年度比)
12%削減 15.1%削減 13%削減
環境配慮型製品の
研究・開発と供給
段ボールケースの
平均坪量
(2004年度比)
10%削減 10.0%削減 10.5%削減
軽量化推進
回収率維持

※1

CO2排出量 : 対象範囲は生産部門から排出される化石エネルギー起源CO2
使用係数は日本経済団体連合会「低炭素社会実行計画」の係数を使用
2011年度以降の電力係数は震災影響分を除くため2010年度係数(発電端)を使用

※2

CO2排出量を売上高で除した値

※3

最終処分量:場外排出量から再資源化量を引いた値