トピックス / 2011年

ホーム > トピックス / 2011年
2011/6/30

当社グループの電力不足対応策について
-自家発電設備を活用し電力会社へ電力を供給します-

東日本大震災とその後の原子力発電所の事故ならびに停止により懸念される、今夏の電力不足に備え、政府は対応策を正式決定し、大口需要家にピーク時使用電力の15%の使用制限が課せられ、同様に、小口需要家および一般家庭に15%の抑制目標が定められています。
当社は、グループ各社と共に企業グループを形成し、当該電力使用量の15%以上の削減を達成すべく、以下の対策に取り組みます。

 

1.電力使用量の削減に向けて

製紙工場(利根川事業所、八潮工場)における自家発電設備の稼動を強化します。

段ボール工場や紙器工場で休日変更や輪番休憩を実施します。

生産、業務の一部を西日本へ移管します。
全事業所で、照明やエアコンその他の省エネを行います。 他

 

2.東京電力㈱へのバックアップ

八潮工場において休止中の発電機を運転し、東京電力へ8,000kWを供給します。

利根川事業所、日本マタイ㈱埼玉工場の発電機の負荷を上げることにより、
ピーク時間帯の電力使用量を契約電力の30-50%削減し、電力不足解消に協力し
ます。

 

3.家庭への節電の呼びかけ

レンゴーグループ従業員や家族、当社関係先に節電の呼びかけを実施します。

 

4.企業グループ形成工場

<東京電力管内>
八潮工場、利根川事業所、小山工場、前橋工場、東京工場、千葉工場、
湘南工場、セッツカートン(株)つくば工場、同宇都宮工場、同熊谷工場、
朋和産業(株)干潟工場、(株)甲府大一実業

<東北電力管内> 
福島矢吹工場、新潟工場、セッツカートン(株)新潟工場、丸三製紙(株)

 

5.単独で対応を行う事業所

<東京電力管内>
葛飾工場、日本マタイ㈱本社、同埼玉工場、マタイ紙工(株)、アサヒ紙工(株)、
大和紙器(株)埼玉工場、同神奈川工場、江戸川段ボール(株)、
朋和産業(株)習志野工場

<東北電力管内>
東北旭段ボール(株)

 

なお、中部、北陸、関西、九州の各電力管内においても、節電要請がなされておりますが、

上記同様の対策にて対応してまいります。