トピックス / 2010年

ホーム > トピックス / 2010年
2010/7/12

紙の博物館で「つつんで・はこんで・101年
段ボール箱のひみつ」展が開催されます

紙の博物館(東京都北区)では、創立60周年記念企画展 夏の紙[] リーズとして7月17日(土)~9月5日(日)に「つつんで・はこんで・101年 段ボール箱のひみつ」が開催されます。
夏の紙[] リーズ「つつんで・はこんで・101年 段ボール箱のひみつ」では、モノを大切に運び、環境にやさしく、便利で愛され続ける段ボール箱の魅力を伝えることをテーマとし、段ボール箱の登場から現在までの歴史をはじめ、段ボールの製造工程とリサイクルなど、段ボール箱に隠されたアイデアの「ひみつ」の数々が紹介されます。
昨年100周年を迎えた段ボール(当然当社の100周年でもあります)に迫る当展には、当社も資料や資材の提供で協力しています。
今年101年目を迎えた段ボールにスポットを当てた当展に、皆さんも是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

夏の紙[] リーズ「つつんで・はこんで・101年 段ボール箱のひみつ」概要

会 期

2010年7月17日(土)~9月5日(日)
[休館日:月曜日(7/19は開館)、7/20(火)]

会 場

公益財団法人 紙の博物館(企画展示室)
〒114-0002 東京都北区王子1-1-3(飛鳥山公園内)
TEL.03-3916-2320

入館料 大人300円・小中高100円(団体料金あり)

 

●もっと知るには

>>「つつんで・はこんで・101年 段ボール箱のひみつ」展