トピックス / 2009年

ホーム > トピックス / 2009年
2009/10/6

Cフルートでクリーン・ジャパン・センター会長賞を
受賞しました

当社は、循環型で環境に優しい包装材である段ボールの環境性能をさらに高めるため、より環境負荷の低いCフルート段ボールへの切り替えを積極的に推進しておりますが、このたび一連の取組みが評価され、財団法人クリーン・ジャパン・センターの「平成21年度資源循環技術・システム表彰」にて、「財団法人クリーン・ジャパン・センター会長賞」を受賞いたしました。
同センターは、経済産業省、日本商工会議所、日本経済団体連合会等をはじめとする官民一体の支援のもと、1975年にリサイクル推進のナショナルセンターとして設立された公益法人で、廃棄物のリデュース・リユース・リサイクル(3R)によって持続可能な省資源型社会の形成を推進するための先導的な事業に取り組んでいます。
また「資源循環技術・システム表彰」は、同センターが設立された1975年に「再資源化貢献企業表彰」の名称でスタートした、リサイクルや環境保全の表彰制度としては最も長い歴史を持つ表彰制度の一つです。去る10月2日、科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2-1)にて今年度の表彰式が執り行われました。
当社は、「人にも環境にもやさしく」を念頭に、CO2削減に関しても、2020年までに対1990年度比32%減、2050年までに半減と目標を定め、さまざまな取組みを行っております。今回の「財団法人クリーン・ジャパン・センター会長賞」受賞を励みとし、今後さらに環境への取組みを推進してまいります。

 

Cフルート段ボールへの転換による環境負荷低減

Cフルート段ボールへの転換による環境負荷低減

受賞式