トピックス / 2009年

ホーム > トピックス / 2009年
2009/4/2

第7回日本環境経営大賞CO2削減パール大賞を受賞しました

当社はこのたび、「第7回日本環境経営大賞」(主催:日本環境経営大賞表彰委員会・三重県)におきまして、CO2削減部門の最優秀賞である「CO2削減パール大賞」を受賞いたしました。  
「日本環境経営大賞」は、持続可能な社会の構築を目指し、環境経営の発展・環境文化の創造と環境保護意識の高揚を図ることを目的として、2002年度から毎年、優れた環境経営の実践や環境価値創造への貢献などについて、その功績を称え表彰しているものです。 特に、CO2削減部門は今回新たに設けられたもので、当社が初回受賞となります。

 

○日本環境経営大賞ホームページ
http://www.eco.pref.mie.jp/taisho/

 

○今回の当社受賞理由は下記の通りです。

  2009年度CO2排出量22%削減(1990年度比)を目標とする「エコチャレンジ009」を2002年に制定、業界に先がけて重油からガスへの燃料転換を進め、バイオマス焼却発電設備、太陽光発電システム導入等を推進。2007年度のCO2排出削減量は1990年度比191千トン(17.8%)。
業界を先導して、資源の使用量が少ない「C フルート」導入や業界トップレベルの古紙利用率(97.9%)など製品面でのCO2削減にも取り組む。
今後は、2020年度CO2排出量30%削減(1990年度比)を目標に、燃料転換の推進、新開発したコルゲータ蒸気循環システム水平展開等に取り組んでいく。

(日本環境経営大賞表彰委員会「受賞者取組概要」より)

 

当社は、「人にも環境にも優しく」を念頭に、CO2削減に関しても「エコチャレンジ2009」として目標を定めさまざまな取組みを行ってまいりました。現在引き続き新たな目標を作成中ですが、今回の「日本環境経営大賞」受賞を励みとし、今後さらに環境への取組みを推進してまいります。


利根川事業所ボイラーLNG化イメージ
利根川事業所ボイラーLNG化
   八潮工場バイオマス焼却発電設備イメージ
八潮工場バイオマス焼却発電設備
新京都事業所太陽光発電設備イメージ
新京都事業所太陽光発電設備
   環境に優しい「Cフルート」イメージ
環境に優しい「Cフルート」