環境・社会 / 日比野克彦氏のプロフィール

ホーム環境・社会社会貢献活動 > 日比野克彦氏のプロフィール
1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。在学中に「段ボール」を用いた作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する他、舞台美術、パブリックアートなど、多岐にわたる分野で活動中。近年は、各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。現在、わが国で最も人気の高い現代アートの顔とも言える存在である。東京芸術大学教授。

1982年第3回日本グラフィック展大賞、1983年第30回ADC賞最高賞、第1回JACA展グランプリを受賞。1986年シドニー・ビエンナーレ、1995年ヴェネチア・ビエンナーレに出品、1999年度毎日デザイン賞グランプリを受賞。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」では「明後日新聞社文化事業部」を設立、現在も活動を継続中。

2005年、水戸芸術館で「HIBINO EXPO 2005日比野克彦の一人万博」を開催。2006年、太宰府天満宮宝物殿にて日比野克彦展「描く書く然々(かくカクしかジカ)」を、九州国立博物館にて、ワールドカップをテーマに「アジア代表日本」というサッカーと美術の融合という新しい試みに挑戦する展覧会を開催した。会期前のワークショップで、延べ12000人の手によって2ヶ月かけて創られた、アジアの国々をイメージした「FUNE」は、新潟、横浜へと出航し「art voyage」という新たなプロジェクトが展開中。同年秋、自らの出身地である岐阜・岐阜県美術館において個展 HIBINO DNA AND…「日比野克彦応答せよ!!」を開催すると同時に、長良川に和紙灯りの付いた鵜飼船を流す「こよみのよぶね」を実施。2007金沢21世紀美術館にて「日比野克彦アートプロジェクト『ホーム→アンド←アウェー』方式」を開催するほか、霧島アートの森「日々の旅に出る。」展、熊本市現代美術館「HIGO BY HIBINO」展を開催。

作品集・著書
「HIBINO」「HIBINO2」「海の向こうに何がある」「100の指令」「日常非常日(ピジョッピジョッピ)」(朝日出版社)、「えのほん」(三起商行/ミキハウス)、「KATSUHIKO HIBINO」(小学館)、「8万文字の絵 -表現することについて-」(PHP新書)、「HIBINO LINE」(玄光社)、「ひ ESSEY OF KATSUHIKO HIBINO」(淡交社)など。近著に「Yesterday Today Tomorrow」(リトルモア)、「HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博 記録集」(水戸芸術館現代美術センター)、最新刊に「FUNE」(西日本新聞社)がある。
 
日比野克彦氏