環境・社会 / 出前授業

ホーム環境・社会社会貢献活動 > 出前授業
レンゴーは、次代を担う子供たちに向けて
出前授業「段ボールおもしろ教室」を実施しています。

 

出前授業「段ボールおもしろ教室」とは、主に小学生を対象に、「段ボールはリサイクル、段ボールはゴミじゃない」をメインテーマに行う環境教育プログラムです。段ボールはリサイクル率も高く環境配慮型の包装材であること、いろいろなところで活躍していること、その強さの秘密などを、楽しく分かりやすく伝えることを目的としています。

 

出前授業風景
プログラム
1. 挨拶、導入
2. 授業
3. 体験・実習
4. まとめ
5. 終わりの挨拶
出前授業風景 出前授業風景

 

段トツマンイラスト授業では、段ボールの特長やリサイクルなどについて、環境保護の視点を中心に、子供たちが退屈しないようクイズも交えながら話をしています。
また、実際に段ボール箱に乗って、段ボールが軽くて強いことを体感してもらうこともしています。
体験・実習では、ちょっと組み立てが難しい段ボール箱の組み立てに挑戦してもらい、段ボールが様々な形になることを実感してもらったり、おもちゃ箱を組み立て、その外面にお絵かきをして自分だけのオリジナルおもちゃ箱を作製してもらったり。
参加した子供たちからは、「段ボールが何回もリサイクルできることを知らなかった」、「これからはちゃんとリサイクルしたい」、「段ボールを見かけたらリサイクルマークを探すようになった」など、段ボールを通じて、環境への意識も高まったようです。
「段ボールおもしろ教室」ではできるだけ段ボールに触れてもらい、肌触りの優しさや身近な存在であることを体感してもらいながら、段ボールが環境に優しいすぐれた包装材であるということを認識してもらうだけではなく、子供たちに環境への関心を深めてもらうきっかけを提供しています。

 

出前授業教材

出前授業教材