私が所属する営業部は、東京、埼玉を担当エリアとし、いわばレンゴーとお客様をつなぐ窓口です。お客様からのご相談や、私たちからの提案によって段ボールなどの受注があると、まず営業担当者が見積書や仕様書をつくり、設計担当者とともにサンプルケースを作成。実際に商品を入れてみながら、お客様と打ち合わせを重ねてサイズなどの規格を決定し、製品ができあがれば直接納品に立ち会うこともあります。また、緊急の注文やトラブルなど、不測の事態が起きたときにすぐお客様の元に駆けつけ、対応するのも私たちの役目です。日々お客様を訪問し、直接顔を合わせる営業担当者の印象は、お客様にとってレンゴーの印象そのもの。明るく元気よく、きちんと挨拶するのはもちろんのこと、歴史ある段ボールのトップメーカーの名に恥じない、誠実な対応を常に心がけています。

私は学生時代より“ものづくり”に興味があり、就職はメーカーを志望していました。そんなときに偶然テレビ番組を観て知ったのが、このレンゴーという会社。段ボールのメーカーとして、人々の生活の“当たり前”に貢献できるところに魅力を感じ、入社を決意しました。実際に働いてみると、段ボールはビジネスでも、生活の中でも、なくてはならないものだと改めて実感しています。私が主に担当しているのは、食品や飲料、菓子メーカーのように多くのパッケージを必要とする企業ですが、ほかにも一点もののフィギュアを製造する企業や、野菜を出荷する農家の方など、さまざまなお客様とお取引をしています。幅広い業界・業種の方とお会いしてお話しできること、そしてお客様の工場や製造の現場を間近で見られることは、この仕事の楽しみのひとつ。新しい発見も多く、いつもお客様から良い刺激をいただいています。

新規のお客様との取引や、既存のお客様に新しい仕事をいただくことは、やはり営業の醍醐味。そうした新規獲得のための資料作成や提案活動も重要な業務です。最近では段ボールに限らず、お菓子の箱のような紙器や、直接商品を包む軟包装、さらにそれらを包装する機械に至るまで、多くの製品をお客様のニーズに合わせて提案しています。私たち自身も包装に関するより広く深い知識が必要とされるため、勉強の日々です。しかしながら、社内にはこうした営業活動をサポートしてくれる部署があり、営業部の先輩や上司のフォローもあります。短納期の大量注文があったときには、製造部をはじめとする社内の協力がなければ、お客様の要望通りの納品はできないでしょう。これまでも周囲の協力やフォローに何度も助けられてきました。仕事は1人ではできません。社内でのコミュニケーションをしっかりとることで、お客様との信頼関係も築き、「田口に頼めば大丈夫」と言ってもらえるような、頼れる営業担当になることが今の私の目標です。

東京工場は比較的若いメンバーが多く、些細なことも気軽に相談しやすい、風通しのよい職場です。時には別部署のメンバーとも飲み会などを通じて交流を深めています。また、私は学生の頃から旅行が好きで、貯金をしては海外旅行へと出かけていました。社会人になってからも長期休暇を利用し、イタリアや台湾などを旅してリフレッシュしています。

8:00 ◎出社(メールチェック等)
9:00 ◎得意先訪問(2社程度)
12:00 ◎昼休み
13:00 ◎得意先訪問(2社程度)
16:00 ◎帰社(見積書・資料等の作成、
設計担当者との打ち合わせ、営業会議)
18:30 ◎退社

    ◎2012年 入社~

    東京工場 営業部に配属。
    営業外勤として日々お客様を訪ね、
    あらゆる要望に応えられるよう努めている。