ニュースリリース / 2014年

ホーム > ニュースリリース 2014年
2014年9月16日

「2014日本パッケージングコンテスト」に入賞

公益社団法人日本包装技術協会主催の「2014日本パッケージングコンテスト」にて、当社の作品が下記の通り入賞いたしましたのでお知らせします。
同コンテストは時代と社会の要請に対応した、優れたパッケージおよびその技術の開発普及を目的に毎年開催されているものです。当社からは最優秀作品に贈られる「ジャパンスター賞」のほか、計5点が入賞しました。
なお、入賞作品は10月7日から東京ビッグサイトにて開催される「2014東京国際包装展(東京パック2014)」の「2014グッドパッケージング展」コーナーで展示されるほか、当社出展ブースでもご覧いただけます。


ジャパンスター賞(公益社団法人日本包装技術協会会長賞) 

易組立型 いちご10パック宙吊り包装

市場で不足しがちなプラスチックコンテナの代替として開発した、リサイクル性の高い段ボール製大型トレイです。
物流や流通に耐え得る強度や保護性を保持しながらも、簡単に短時間で組立てが可能な構造としました。
また、印刷による訴求表現により、プラスチックコンテナにはない販売促進効果の向上も期待できます。
(JA全農とちぎ様との共同開発品)

易組立型 いちご10パック宙吊り包装

包装技術賞(適正包装賞) 

ファンの段ボール包装(八角形緩衝材)

直径及び高さの異なる73品目に対応できるよう仕様を共通化し、また、緩衝材部分の素材を統一した包装形態です。
八角形緩衝材とケース内フラップの折り込みにより、サイズの異なる製品を確実に緩衝固定します。
また、八角形緩衝材はケースに押し込むだけで成型できるので、包装作業性が大幅に向上しました。
(ダイキン工業株式会社様との共同開発品)

ファンの段ボール包装(八角形緩衝材)

包装技術賞(包装アイデア賞) 

ペントルーフ型ケース

スタンディングパウチ商品を扇形に包装する三角型の中間箱です。包装材料の使用量を削減するだけでなく、物流時に2箱合わせて正方形にすることで、外装の減容化が図れるため、輸送効率も向上し、トータルでのCO2排出量も削減ができるパッケージです。
(株式会社明治様との共同開発品)

ペントルーフ型ケース

包装技術賞(ロジスティクス賞)  

緩衝固定一体型プレゼント用ケース

サプライズプレゼント送付用として、贈られる方の印象に残るようプレゼントの入れ方を工夫したパッケージです。
ケースのフラップに設けた罫線と切り込みにより、折るだけでプレゼントを斜めに固定できるシンプルな構造です。包装時の作業性と輸送時の保護性も兼ね備えるよう配慮しました。
(株式会社千趣会様との共同開発品)

緩衝固定一体型プレゼント用ケース

包装部門賞(輸送包装部門賞) 

24缶2ケースパック 景品付き“おトク”カートン

景品付2ケースまとめ売り用カートンです。開封しやすさ、取り出しやすさを考え、天面から開封できるジッパーにより、簡単かつダイナミックに商品を開封し、中身を取り出すことができます。
フラップを短側面側に配置し、製品を横から滑らせながら入れる方式により、包装時の作業性を考慮し、作業者への腰への負担軽減や、作業の安全性、生産性も向上させました。
(アサヒビール株式会社様との共同開発品)

24缶2ケースパック 景品付き“おトク”カートン

2014東京国際包装展(東京パック2014)

主催 公益社団法人 日本包装技術協会(JPI)
場所

東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-11-1
TEL 03-5530-1111

開催期間 2014年10月7日(火)~10月10日(金)
時間 10:00~17:00
当社出展ブース
小間位置
東1ホール 1-07

 





pdf>>この記事のダウンロード




adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。