ニュースリリース / 2011年

ホーム > ニュースリリース 2011年
2011/7/6

ベトナムでの段ボールメーカー買収の完了について

当社が30%出資するタイコンテナーズ・グループ社(以下TCG)は、7月5日付でベトナムの段ボールメーカーであるアルカマックス・パッケージング(ベトナム)社(以下アルカマックス社)グループ3社の買収を完了しましたのでお知らせします。
本買収は、TCGが1月18日付でアルカマックス社の旧オーナーであるマレーシアのゴールデン・フロンティア社と締結した売買契約に基づくものです。今般買収完了により、ベトナムでの月間段ボール生産能力は700万㎡から月間1,450万㎡に拡大し、既存のニューアジア・インダストリー社が拠点とするホーチミンに加え、今回新たにハノイでの事業拠点が加わり、ベトナムの二大都市を中心とした段ボールの供給体制が一段と充実いたしました。
経済発展著しいベトナムでの、段ボール原紙、段ボール、重包装をはじめとする包装関連事業は、ゼネラル・パッケージング・インダストリーを目指す当社グループにおける海外戦略の重要拠点として、今後とも大いなる発展が期待されます。

 

ベトナムの事業拠点

1.

ビナクラフトペーパー社 / ホーチミン

事業内容:段ボール原紙(ライナおよび中しん)の製造販売
2.

APパッケージング(ハノイ)社 / ハノイ

事業内容:段ボールシート、ケースの製造販売
3.

ニューアジア・インダストリー社 / ホーチミン

事業内容:段ボールシート、ケースの製造販売
4.

アルカマックス・パッケージング(ベトナム)社 / ホーチミン

事業内容:段ボールシート、ケースの製造販売
5.

パカメックス(ベトナム)社 / ホーチミン

事業内容:段ボールケースの製造販売
6.

マタイ(ベトナム)社 / ホーチミン

事業内容:PPクロスシート、PPコンテナバッグの製造

 

ベトナム地図


pdf>>この記事のダウンロード


adobe_reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。