ニュースリリース / 2007年

ホーム > ニュースリリース 2007年
2007/7/3

レンゴー他3社が共同出品した「船外機の包装」
世界包装機構(WPO)会長賞 銅賞を受賞

このたび、ヤマハ熊本プロダクツ(株)、ヤマハマリン(株)、サステン(株)、レンゴー(株)4社共同で出品した「ヤマハ船外機 9.9~15馬力ダンボール梱包の包装改善(船外機の包装)」が、「ワールドスターコンテスト」で日本企業では最高となる世界包装機構(WPO:World Packaging Organization)会長賞 銅賞を受賞いたしましたのでお知らせします。
「ワールドスターコンテスト」は、1968年に設立された包装分野における唯一の国際的な組織、世界包装機構により毎年開催されるコンテストです。世界各国のパッケージについて、その使いやすさやデザイン・環境面への配慮などを競いながら、優れたパッケージの技術を啓蒙・普及させることを目的としています。
昨年度は2006年11月に35カ国265点が参加してポーランドで行われ、「船外機の包装」が、日本企業からの作品11点を含む130点に対して贈られた「ワールドスター賞」の一点として入賞しました。さらにその中でも特に優秀なもの上位三点に贈られるWPO会長賞において、日本最高の銅賞に選出されたものです。
「船外機の包装」は、9.9馬力と15馬力用の船外機の梱包を行うもので、当社の包装技術部門が主に設計を担当したものです。スチロールなどの緩衝材を使わず段ボールをボックス型に組むことで従来通りの強度を保ったまま輸送できることから環境負荷の低減につながることなどが、高く評価されたものです。
人にも環境にも優しく、ここでもレンゴーの包装技術が、陰からしっかりと支えることで貢献しています。


受賞作品「ヤマハ船外機9.9~15馬力ダンボール梱包の包装改善」

「ヤマハ船外機9.9~15馬力ダンボール梱包の包装改善」