ニュースリリース / 2000年

ホーム > ニュースリリース 2000年
2000.11/22

レンゴー、中国の板紙部門を強化

レンゴーはこのたび、中国における板紙部門の強化を決定いたしました。

レンゴーは現在、中国広東省にあります合弁会社「中山聯合鴻興造紙有限公司(1995年設立)」で、段ボール原紙を年間19万トン生産しておりますが、同国の段ボール・板紙需要が、工業生産の伸びにともない大きく伸びていることを考慮し、新たに合弁会社を設立、年間生産能力15万トンの新設7号機を増設・運営することといたしました。これによって、レンゴーの中国における段ボール原紙生産量は34万トンとなり、8割増の供給体制が実現することとなります。

広東省は、中国でも最大の段ボール原紙消費地であり、当地におけるレンゴーのシェアは17%に達すると見込んでおります。また、現在レンゴーが段ボール合弁事業を展開しております北京・上海など各生産拠点への原料供給が、より安定したものになると考えております。

なお、新合弁会社「中山聯興造紙有限公司」の詳細は下記の通りとなります。


新合弁会社の概要

社 名 中山聯興造紙有限公司
ZHONGSHAN REN HING PAPER
MANUFACTURING CO.LTD
所 在 地 広東省中山市105国道中山三橋西側
(中山聯合鴻興造紙有限公司内)
投資総額 2930万米ドル
うち登録資本金1471万米ドル(15.9億円)
出資比率 レンゴー株式会社 35%
ホンヒン・プリンティング・グループ 35%
中山火矩高新技術実業股?有限公司 30%
生産能力 抄紙機(上海造紙機械廠製)
トリム巾5.5m、抄速600m/分、500トン/日(15万トン/年)
稼動予定 2002年3月より