環境・社会 / Lの時代、はじまる。新名古屋工場

ホーム環境・社会 “Less is more.”> Lの時代、はじまる。新名古屋工場

Lの時代、はじまる。
"Less is more." を徹底した段ボール工場の "Leading edge"

常に最先端(Leading edge)であり続けること。それは、包装を通じて社会に貢献する私たちレンゴーグループの使命でもあります。2014年1月に稼働した新名古屋工場も、来るべきリニア(Linear motor)時代を見据えた新たな取組み。新工場は段ボールのパイオニアとしての自負を込め、最先端の技術のかずかずと、地球環境保護のためのさまざまな工夫が詰まっています。これまでも包装業界の先導役(Leading company)として、「軽薄炭少®」をキーワードにLCC原紙(Less Caliper & Carbon containerboard)やデルタフルートをはじめ、軽量化(Lightweight)による段ボールの低炭素化(Less carbon)に取り組んできた私たちレンゴーグループ。今後は、より少ない資源で大きな価値を生む(Less is more.)、全く新しい段ボール工場を駆使して、パッケージングの未来を切り拓いてまいります。


新名古屋工場全景

●新名古屋工場全景

 

工場棟屋上太陽光パネル

●工場棟屋上太陽光パネル


ラック式免震自動製品倉庫

●ラック式免震自動製品倉庫

 

無人搬送車

●無人搬送車


コルゲータ全景

●コルゲータ全景

 

製函設備

●製函設備